風邪引いた

おなかがビ・バップ!!
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-12-30 04:13

ムッシュ。

自分的 昨日のビッグニュースは、

「ディープインパクト敗れる!」ではなく、


「イヤダイヤダ、27日についに帰厩!!」でした。



メデタイですね!
ぽんかんです。




さてさて、
最近、ビーフンがマイブームです。

大定番、
ケンミンの焼ビーフンを寝ても覚めても食ってます。

だんだんと体型がムッシュ・ビバンダムになってきてるのは・・・気のせいかしら。

ケンミン、
「チョイッ」と、飽きるハズ…なんだけどなぁ?
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-12-26 03:51

Yeah!

メリークリスマス・・・
c0012790_2222891.jpg

[PR]
# by ponkansherbet | 2005-12-24 02:22

虎愛災。

兄貴とちょっとスクワットをしたところ、
二日越えのかじかむ筋肉痛!

…酷く寒いですね。
なにはともあれ、ぽんかんです。

さて、
漢字能力検定さんが毎年決めている「今年の漢字」。
昨年は、「災」でしたね。
一昨年は「虎」だったらしいです。

そして、

2005年は。




「愛」だったようです。

う~ん。

ウムム。



愛、ねぇ・・・。




確かに今年は、マックチキンをよく食べたけど。

I'm Lovin it!!!!!
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-12-21 21:05

バターになりかねん。

とある本のある箇所が難解で
ぐるぐるグルグル同じ所を繰り返し読んでいます。


ぽんかんです。


今日は、
なくても意外と困らないけど、
同じくらい意外と困ってしまうものが、
久しぶりに自分の手に戻ってきました。

メデタイ。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-12-17 20:58

昇華する10代。

ぽんかんです。

穐吉敏子に引き続き、
先日は、松永貴志&ケイコ・リーのライブに行ってきました。

松永貴志は、
報道ステーションのOPテーマ
「Open Mind」をサックス奏者矢野沙織さん等とピアノ弾いてる人です。


……


とにかく・・・若い!


なにがって、ライブでのトーク。
ちょっと、
P先生を髣髴とさせるような。
いや、
P先生の方が、うまかった気が(汗)。

ケイコ・リー、
はにかみながら「はい」としか言わない松永氏にスゲェ困惑してたし(笑〉。


さて、その松永氏、
初の総合プロデューサー挑戦との事だったんですが、
うん、
いくら管弦楽団とのコラボレーションだからって、
トリオ編成が4曲続いた後、
アイネクライネナハトムジークはないんじゃない・・・かなぁ?
(しかも別にアレンジとかでなくド直球の。)

それでも、
ライブの白眉は、
松永貴志のピアノと、ケイコ・リーの独唱のみで、
スタンダード
“You'd be so nice to come home to”。

打ち拉がれたような、
震える歌声と、
「これでもカ、コノヤロウ!」
とめまぐるしく超絶な技巧でで音を展開させるピアノ。


うん、
あの歌声は、

ココロカラ、
萌える!〈用法間違い?〉


先日の秋吉敏子が“疾走する70代”なら、
今回の松永貴志は“昇華する10代”。

きっと、
MCもそのうちうまくなるでしょう〈笑〉。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-12-16 12:48

FAKE.

ぽんかんです。

そういえば、先日ワンプライスメガネ屋さんにさらっと立ち寄ったのですが、
そこにおいてあったメガネをかけたところ
太った姉歯建築士といった様相でした。


…安メガネは、おえん。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-12-07 05:35

TV DAY.

NHK“スタジオパークからこんにちは”のオープニング、
渡邊貞夫さんのオレンジ・エクスプレスにかわったんだなぁ・・・と思っていた所、
どうやら熱帯ジャズ楽団が渡邊氏をfeaturingして最近カバーしたもののようです。
わぁ、CD欲しい。




フィギアスケート見っぱなし、ぽんかんです。




いやぁ、フィギア面白いっすわ。


エキシビションで、中国のペアが
上海雑義団も!なトリッキーな動きをしていました。




BGMは、

マツケンで(笑)。




難しい事は良く分からないけど、
3日目までの堅苦しい試合よりも
エキシビションの方がのびのびとしててとても楽しめるなぁ、と思った。
フィギア、
ちょっと機会があれば見に行ってみたい。

そんなこんなで
今日は昨日に引き続きTVな話でした。
[PR]
# by PONKANSHERBET | 2005-12-05 00:07

男なら、ニョッキン。

今日はレンズ雲をみましたよ?
あとタイトルは、深い意味はないです。そのまんまです。
ぽんかんです。


さて、
ローカルな話題で恐縮ですが。
岡山・香川のフジテレビ系列局に、
OHKというTV局があります。


ぽんかん、
こちらの局の、天気予報がとても好きです。
溺愛です。



何が好きって、
そのBGMの歌詞。




とてもあかるい、爽やか~な歌声で。


「♪てっんき~よほうは~外れたけど~」


と歌いだし、天気予報がスタートすると言うなかなか前衛的なもの。


ただ、とてもとても残念な事に最近BGMは2番の
「てるてるぼうずつるしたけど~」に変わった模様。

苦情でも、きたかな?
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-12-03 23:42

少子化、進みすぎ!?

今日のぽんかん、一回忌をまえに。
c0012790_23464060.jpg

五月ごろはベビーブームでもあったんでしょうかね(笑)。
今や先月の記事数は五月の一割です。

・・・反省します。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-12-02 23:49

ピアノを蹴りとばせ!

人生初ターキー、ぽんかんです。

昨日、
県北は久世に。
Vitzで出掛けました。


来日中の、
穐吉敏子さんのライブを。

聞きにです。







感想。





殺されるかと、思った。






…2006年12月、サントリーホールが今から凄く楽しみになりました。

あんな日本刀のような76歳、
ありえない。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-11-30 23:38

静穏、軟風、和風、疾風、強風、烈風、颶風。

ご無沙汰しております。
ぽんかんです。

先日、
本を買いました。

ちょっと凄いプレミアがついていて、
定価の800倍程の価格でしたが。

どうしても、


何がなんでも、


これは恋か?恋なのか!?と思うほど。

欲しかったので。

父に無理を言って金を借り、
清水の舞台から飛び降りながら三回ほど切腹し、


買いました。





大正15年初版、昭和10年改版
「天氣と天氣豫報 改訂新版」
c0012790_4544729.jpg

定價 壹圓貮拾錢 なり。


1.2

×

800





960.0≒¥1000


・・・財布をおうちに忘れてきていたもので、
ぽんかんパパンに拝借いたしましたと言う経緯にござい(笑
まぁ、
今のぽんかんには1000円だって大金ですよ?


さて、この「天氣と天氣豫報」。
実によい。

旧漢字が難しすぎてところどころ読めないところが実によい。

颱風=台風、
反對=反対、
氣壓=気圧、

あたりはまぁ分かりますが、

粁=キロメートル、
粍=ミリメートル
晝間=昼間
・・・このあたりから怪しくなってきます。

大體、
相關聯する
等はぽんかんお手上げです。

(IMEで悪戦苦闘した結果、
大體=大抵or大体?
相關聯=あいかんれん【相関連?】
である可能性が高そうです。よく分かりませんが(笑))

それにしても、この画数の多さとか、
直線的な字体とか、
なんか無意味に男性的で格好よいですね(本当か?)。


最後に、
今日のタイトルにもなっている各風力階級の解説が
時代がかってて(実際に古いのだからあたりまえだけど)
なかなか面白いと思ったので、少し引用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
風力〇 静穏
煙が眞直ぐに昇る。

風力一 軟風
身體に弱く風を感じ草木の葉が僅かに動き、水上には漣が生ずる。

風力二 和風
樹枝、樹葉は少し音を立てゝ動き、凧等揚げるに適す。
海上には稍浪がある。

風力三 疾風
土地が乾燥すれば砂塵を吹き揚げ、風音も稍強く,海上では多少白浪を見る。

風力四 強風
風音強く樹木はひどく動揺し、看板の類が吹き飛ばされ、
建築中の家屋の吹たおされることがある。
海上浪高く小舟の航行不能となる。

風力五 烈風
弱い家屋の吹き倒されるもの、弱い樹木の吹き折られるものがあり、
戸外は歩行困難で其の強い場合には強健な男子も歩行殆ど不可能である。
海上は汽船の航行も困難または全く不能になる。

風力六 颶風
海岸の極めて風當りのよい處又は高山などの外は數年又は數十年に二、三回位は
あることもあると云ふ程度の猛烈な風で被害甚大。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…烈風よりさらに上の颶風の中で“強健な男子”はどうなるのか、
今度、スゲェ台風でも来た時に実験して見たいと思います。



・・

・・・

古書は、
実に愉快になります。

・・・ちょっと、お手てが黴臭くもなリます。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-11-21 04:56

今日は,一人で。

一人で遠くにきています。
ぽんかんです。


ルート9を、
ゆっくり、
走っています。

いろいろ、
ゆっくり、
考えます。


そんな時間が欲しくて。

今日は,一人で。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-11-05 21:53

その名はE5c。

ぽんかんです。
突然ですが問題です。

Q.このイヤホン、おいくらでしょう?

c0012790_0232479.jpg





・・

・・・

・・・・

・・・・・

・・・・・・

・・・・・・・

A.実勢価格5万円

というわけでマイク等で有名なオーディオメーカーSHUREの最高峰イヤホン、E5cです。

ここでE5cを知って以来、とても試聴してみたいのですが
いかんせんそんなことができる場所が近くにはありません。

そこで、
誰か人柱になってくれないかなぁ?とご紹介にいたったわけで(他力本願)。

ipod等のポータブルオーディオをお持ちの方、
(下手すると)本体より高い周辺機器として、お一ついかがですか?
見た目はなんか、ねえ、病院の売店に置いてありそうですが(笑)。

あと、原音に【凄まじく】忠実かつ分析的な音らしいので
こいつがあれば音採りはかなり楽だろうなぁ・・・と思った。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-10-26 00:52

春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて 涼しかりけり。

バルカンに乗って、
瀬戸内海の小島で高校の友人たちと草レースをする夢を見ました。

妙に現実的な設定です。

ぽんかんです!


さて、
昨日のこと。

午前中、ちょっとした用を済ませた後、
パパンがお出かけに誘ってくれたので
パパンとグランマとぽんかんで出かけました。

高速に乗り、
ジャンクションが近づくたび

パ「どっちに行くよ?」
ぽ「俺はどっちでもいいし。グランマは?」
グ「あたしゃ北がよかでよ。」
パ&ぽ「東と西にしか行けないんだけど!!」

なんて会話を繰り返しながら、
まず向かった先は

比和自然科学博物館

谷間の町にある、小さなちいさな博物館でしたが、
実に濃くて良かった。

鳥類の標本が充実していて、
圧倒的な脚の筋肉を誇る猛禽、クマタカは
さすがの迫力。
他にもヤマショウビンと言う流麗なカワセミ科の鳥も。図鑑以外ではじめてみました。

しかしまぁここの博物館、
なんと言ってもメインは
「モグラ」。

キュートなモグラ達の動物標本が、
ずらっと並んでいる光景は、なかなか壮観。

白化個体はぼちぼちいるみたいですが
まだらに白化した標本は超レアみたいです。良く分かりませんが(笑)


博物館を後にし、次に車が目指したのは
吾妻(あづま)山。
広島県と島根県の県境をなす尾根のピークで、海抜1239m。
全体的に「なんか高原~」な雰囲気な場所です。

そういえばここは、ぽんかん中学校の野外実習かなんかで
キャンプ張ったところでもあります。
「県民の森」、というと同窓の方は思い出していただけるのでは。

まぁ、
「リンドウとか、トラノオとか、山野草な花でも見にいってみるべ?
そう言えばちょうど紅葉の時期じゃしの。」
という目的で向かったんですが。

ですが。

が。

…急斜面の道を車はうなりをあげて行きます。

標高をあげるに連れて霧がかかってきました。
フロントガラスには、雨がぽつぽつと。

パ「おっ、降ってきやがったな。」
ぽ「まぁ今日は前線が近いから多少の雨は仕方ないよ。」

視界が悪いのでフォグランプをつけて、
慎重に山道をトレースしていると
雨は
(ひょう)に!

ぽ「まさか十月に雹が降るとは思わんかった!」
グ「ほんまじゃのう。どうりで寒ィはずじゃ。」

・・・ワイパー全開で山頂に着いたときには、
c0012790_134639100.jpg

雹は見事なボタン雪に!!!
…吹雪いてます。

外気温はセ氏0度付近。
寒すぎです。

駆け込むようにロッジの喫茶店に入り、熱い珈琲を飲みました。
ロッジのスタッフの人も

「もう初雪だよ!」
「今日は異様に冷え込んだって言っても、いくらなんでも早すぎだなぁ。」

とかなりびっくりされてた様子。
写真とかも撮られてました。


で、肝心の、
紅葉するはずの山々の樹は寒さで立ち枯れていらっしゃいますし、
草花は茶色くなっておられた。
残念。


…十月なのになぁ。


珈琲を飲み終ったところで、

ぽ&パ「この天気じゃぁ山は歩けないなぁ」
グ「あたしゃ寒いのは嫌じゃ。」

ということであえなく下山。

下の方に行くと、天気は回復してきて
c0012790_1412082.jpg

西の空には、青空と虹が。


そんなこんなで昨日は、
少しせっかちな。
冬の訪れを、みてきました。








おまけ

スキンガードの美学 発祥の地
c0012790_1442352.jpg

内輪ネタです。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-10-23 14:15

うわぁ!

それはついさっき。

朝の風呂上り。
ジョビンのフェリシタージなんかがかかってて、
不必要なまでに爽やかな朝のことです。

着替えのある部屋に行くために、
ガラッと引き戸を開けたところ
頭に何かがポトリと。

髪の毛の中をぞわぞわと動いた後、
ボトッと足元へ。

そう、奴は
黒い悪魔。

・・・・・・泣きながらもう一度お風呂入ってきました。
ぁぁん(泣)
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-10-18 07:25

It's a long road that has no turning.

ぽんかんです。

さて、きょうは、
「道路」の、ちょっとかなりマニアックなお話。

今までの今日のぽんかんで扱ったトピックの中でも一、二を争う濃厚な話題です。
(特に女の子は)ついていけない世界かもしれません。
「意味がわかんねぇ。」
と思ったら、さらっとスルーしてください。








…警告は終りました、
こちら側の世界へようこそ。

さて、
世の中に車・バイク・鉄道・飛行機といった“乗り物”なオタクは多いですが、
世間とは広いもので、
「道路」マニアな方たち。
結構な数で、存在しているようです。

メジャーなところでは、タモリ倶楽部で高速道路のジャンクションが持つ美しさが
語られていたのは記憶に新しいところですね。
…ぽんかんは鳥栖ジャンクションがやはり最も美しいと思います。

そんな道路マニアですが、
この方たちの一部(多数?)は、
一般ドライバーには忌避さるべき
「極端に狭い・危ない・路面が荒れている」といった、
整備の行き届いていない道路程喜ぶ傾向があるようです。

そのような、“ヤバイ”道、
彼らは畏敬といささかの皮肉をこめて、
国道=酷道、
県道=険道、以下同様に
死道、
超道、
損道、
主要地方道=主要痴呆道
などと呼びますが、この方たちはそこへ出かけては危険な目に会うことを
至上の喜びにしてるという生態を営んでおられます。変態ですね(誉め言葉)。

さてさて、
そんな“酷道”ファン達のなかでも、
いくつか聖地とされる場所があります。

今回は、そこのいくつかをご紹介しようかと。

まずは有名どころで、


国道308号線、大阪~奈良の国境暗(くらがり)峠。 

古くから奈良街道として栄えてきたこの峠ですが、
とても国道とは思えない、
最大幅員 1.3メートル、
圧倒的な急勾配はもとより、
国道なのに一部一方通行区間があるというトンデモ国道。

大都市からも近く、
“気軽に行ける酷道”として一部で人気を呼んでいます(どこの一部だ)。



お次は

国道418号線、笠置ダム付近。

はじめに、こちらの看板をご覧になって頂きましょう。
c0012790_458042.jpg

…国道マークの上に大きくバッテンうたれてます。
“国道418号が否定された”看板としてこれまた一部で著名です。

しかし、そんな否定をされるのも仕方ないくらい
418号線は酷中の酷道です。

そのあまりな酷っぷりに、
Wikipedia本文にまでこんなコメントがついています。

さてさて、この区間、
年間を通じて通行不能。
一見は百聞にしかずということで、
こんな具合。

・・・現役国道なのにとかどうこうという前に、
これはもはや廃道です。

因みにこの区間、
遂に修理されることもなく新しくできるダムによって湖底に沈む模様。
現役国道をあきらめて湖底に沈めてしまうとは、
国土交通省もなかなか思い切ったことをするもんです(笑)。




そして最後を飾るのは、

岐阜と金沢を繋ぐ国道157号線、その最凶区間根尾~大野間温見峠

ここは、
道の上を川が流れる(もともと道がそういう風につくってある!),道の酷さもさることながら
とある『警告看板』があまりにも(酷道マニアの間で)有名です。

道路路肩が深く切り込まれた断崖絶壁になっているこの国道。
当然『聖地』な道ですから、ガードレールなど殆どなく、ロープが張られているだけ。
そこからの転落を注意する看板なんですが、
普通だと

「路肩弱し、注意。」とか、

「転落注意。」、

「危険、狭路につき徐行!」など、そんな文句になりそうじゃないですか。

実際は、
こんな文句なんです。(リンク先ページ最下部に注目。)





・・


・・・



ストレートすぎるだろ!!



さて、数々の酷道を見てきましたが、
なんか、ワクワクしてきませんか!?
車、あるいは二輪にのりながら“探検”の気分を満喫できるなんて、
そうそうないことですよ?

もし、
「おもしろそう!こんな道走ってみたいぜ!」
と思われた奇特な方がおられましたらご一報を。
それにしても、このディープな世界こそ、
「危険 落ちたら死ぬ」かもね(笑)。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-10-15 05:24

エンドレス・リフレイン。

昨日、ネットの海を巡航中に見つけた
スターウォーズのテーマのMIDIが頭から離れません。

“Bop de force”ってタイトルなんですが、 
テーマのアレンジもさることながら、気持ちのよいバッキング、各ソロと
これがまた見事にジャズアレンジされているのです。
打ち込みな人の曲っぽくないな・・・と思っていたところ
サックス吹きの方の手によるものでした。納得。

因みにこの方、
タイトルセンスにも卓越したものが。
Take the A tarinのアレンジが
「A列車が行きまくり」、
ソウル・ボサノバのスカアレンジが
「ソウル・ヴォサノヴァっすか?」

…うむぅ。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-10-13 05:45

Toso-Hyakkei.

PONKANです。

お部屋を掃除してると、ちょっと懐かしい物を見つけました。

supercub.
c0012790_21551066.jpg


kashi-shitsu.
c0012790_21515469.jpg


ぽんかんが大学時代に撮影した
“唐湊百景”用、モノクロ・フィルム。


結局、その企画ぽしゃりましたが、
折角なのでココにメモっとくことにしました。





因みに鏡像なのは
裏からスキャンしたから(笑)、
埃だらけなのは、
そのほうが唐湊っぽいから。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-10-09 22:01

今、欲しいモノ。

チェレの確信犯的な強さと、

マッシモのあきらめたような深い優しさ。


…あ、二人とも髪の毛ないや(笑)
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-10-08 00:02

青い本、アリマス。

数日間体調悪くしてました。

この期間にお電話くれた方、
出れなくて本当にゴメンなさい。m(_ _)m



さて、ポンカンやcos ary といったメンツが参加してる文芸同人誌、
「黄色い遺伝子 -blue note-」
その創刊号がついに出ました。
黄色いのか青いのか良く分からない奴ですが
ジャパネットも驚きのプライス、
本誌無料 でお届け!らしいです。


!!!TAKE FREE!!!


まぁ創刊号特別価格(価格なのか?)ってことなんじゃないでしょうか。

黄色い遺伝子 -Blue note- official homepage
興味があったらぜひ、お一つどうぞ。


色々お知らせ。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-10-04 06:37

マイガッ

マイッタ。

親知らずがありえんくらい痛いですぜ?

場所は下側・右奥。
鏡で確認してみると
俺に似たのか
凄まじく根性曲がった角度で生えてきてます。
こりゃぁ痛ぇわけだ。

さっきから寝ようとしても
痛みが強くて寝つけない状態です。

口の中でアート・ブレイキーが暴れ回っている感じ。

ぁぁん。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-09-29 02:03

Right man in the right place

どーも君大好き、ぽんかんです。

さて、今日は
内閣府先生の「適性・適職判断」をやってみたよ。
先生もニート対策に必死だね☆【対象:俺みたいな奴】

で、
まぁ、
こんなんでました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

診断結果

仕事 好奇心旺盛で新しいアイデア勝負のタイプ
性格 明るいお調子者のクリエイティヴ・タイプ

特に向いている職種は?

アシスタント・ディレクター、ミュージシャン、サービス業、広告や出版の営業。販売関係。飲食、ホテル関係なら接客業。その他ベンチャー系の仕事全般

攻めのタイプですが、強引ではありません
内向性
1■□□□□
外向性
3■■■□□


・好奇心旺盛で新しいアイデア勝負のタイプ

リーダータイプではありませんが、やさしくて好奇心は旺盛ですので、福祉関係、保育関係、教育関係、クリエイティヴ系、ベンチャー系の仕事で、自分の目標、やりがいをもって活躍できます。ただし、自分に合った職場環境を見つけるまで、転職は多いかもしれません。周囲からは「どうして続かないの?」と責められるでしょうが、あまり気にしないこと。ただし、これぞという仕事を見つけたら、ちょっと長続きするようにがんばってみてください。ときどき、自分の分野で自信過剰になり、調子に乗りすぎると足をすくわれますので気をつけて。また、周囲への気配りも忘れずに。


・明るいお調子者のクリエイティヴ・タイプ

とにかくポジティヴで、明るくカジュアル。好奇心が旺盛で、フットワークが軽いタイプです。好き嫌いが激しく、飽きっぽいでしょう。多少、上下関係や社会のルールを守ることが苦手ですが、一匹狼になって独立するには、ちょっと勇気がいるでしょう。比較的小さな組織のなかで、自分の好きな分野の仕事を任されるのが適職と言えそうです。新しいこと、ファッショナブルなことに敏感で、自分で何かを作り出す仕事に向いています。物事を論理的に判断するより、直感で動くタイプです。また、頼まれたことはイヤと言えないタイプですから、いつの間にか仕事が山積みになりそう。会社としては多少遅刻が多くても、便利でフットワークのいいあなたをトコトン使ってやろうとしますので、時にはクールになってみてはいかが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

...ふむ。
どうよ、あたってるかな?


ま、そんなわけで
別にお仕事さがしてない方も探してる方も、
一度試してみると面白いかも。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-09-23 01:20

Level:4 ponkanVirus.

こんにちは、
ぽんかんです。

この時間、
とても気持ちのいい風が吹いてきています。
秋の、訪れですね。

そう言えば今朝TV(おはよう日本・とれたてマイビデオ)で見ましたが、
ツバメってこの時期に南へと旅立つんですね。
なんか、もっと早い時期に見かけなくなっている印象があったので、
ちょっと意外です。


さて、
今日の本題。

今夕はバイオハザードな話を一席伺おうかと。

カプコンの、
鍵の形が色々あってややこしい、
あのホラー・アドベンチャーゲーム。

突然暗闇から

「ヴァガン!!」

と大音響と共にゾンビ化した犬が飛び出てくるところでは、
誰もがおしっこちびった経験をお持ちですね。


・・・え~、そっちではなくて。

Biohazard、
≪生物災害≫
の方です。

一時期生物テロで
炭疽菌や天然痘なんて文字が新聞を賑わしたのはわりと記憶に新しいところ。

※天然痘は1977年を最後に根絶に成功しています。
  生物兵器として非常に優れていると言う側面も持っているため、
  現在はアメリカとロシア“のみ”が天然痘ウイルスを厳重に保管しています。
  …ウム、この二国に任せるとなんかこいつをベースに
  さらにヤバい兵器へと進化させてそうなのは、気のせいかしらん?


いや、なんでこんな話になったかと申しますと。
今日ぽんかんが(暇にまかせて)
様々な病原菌やウイルスについてナナメ読み程度に色々調べていたところ、
滋賀医科大学の動物生命科学研究センターなるところのHPで
とても興味を引くトピックを拾うことができまして。

中世の黒死病はペストではなくウイルス出血熱ではないかという考察です。

上を読んで貰えば詳しいのですが、
中世ヨーロッパで大流行し、
当時のヨーロッパの人口3分の1が死亡したとされる、
“The Black Death”、黒死病。

実は、
ペストじゃなくて、エボラ出血熱やラッサ熱みたいな
ウイルス性出血熱だったのではないか、という話。


もしそうだとしたら、よく
“未開のジャングルに人の手が入ることで未知のウイルスと接触するリスクが高まる、
 エボラはそれの典型だ、開発に対する自然からの警告だ”
と言う話を目にしますが、
何のことはない、人類は中世からそいつらと戦ってきたってことになりますね。

なんだか、興味深い話でしたので紹介してみました。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-09-15 17:59

君たちもハタチだね。

ハッピーバースデー、
ルイージ&マリオ。

おじさんは、
君たちが年下だって事がショックだよ・・・
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-09-13 02:06

モリゾー!キッコロ!ポ~ロリ~♪

万博は入って暫くして兄貴とケンカして帰っちゃいました。(テヘ)

五時間もの行列はね、俺には無理ス。
真剣にモリゾーとキッコロに蹴りかましたくなりました(別に奴らが悪いわけではない)、
ぽんかんです。

今朝は選挙に行ってきました。

小選挙区比例代表並立制って、
昔、
割とわかりにくいシステムだなぁと思ってたんですが、
選挙に実際行ってみると「ふむ、こういうことなのね」と一発でわかりますね。
明日目覚める頃には、結果出てるのかな?

今日は、
僕らの代表を、
選びに行こう。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-09-11 09:50

ぽんかんタダイマ帰還中。

台風からの避難を終えて
只今東海道をひたすら西へ。

小田原ぽんかんです。

明日は、
なんかポンかん兄貴が万博をおごってくださるそうですよ?
わ~い。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-09-09 21:11

東京から、恋愛バトン(勝手にアンカー)。

というわけで、台風から避難してみました。
1000キロほど東へ。

現在居候中、
ぽんかんです。


さて、
恋愛バトン
獣から渡されたものの静観していたところ、
有好が今更ながら(一応)こたえてバトンつなぎやがった。

しかたがないのでぽんかんもひとつだけ答えようと思います。
有好が答えたのは愛と恋の違いだったので、ぽんかんはこれで。


Q.恋愛対象年齢は何歳~何歳ですか?


A.ゆりかごから、墓場まで。


…もう白髪の女性の方でも「セクシーだ」と思わず息を飲むような
立ち振る舞いをされる方もいますし、
五歳の小さな女の子とたわいのないお話をしていても
「ぉぉう、小さくても女は女だなぁ」という発言が飛び出してくることもあります。

女性(…ここでは男性にとって魅力的な存在という意)であることに、
年齢は、あんま関係ないよね。

というわけで、無制限、という回答で。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-09-06 05:34

エンジンの都。

c0012790_54397.jpg

[PR]
# by ponkansherbet | 2005-09-04 18:41

近江八幡

c0012790_53765.jpg

[PR]
# by ponkansherbet | 2005-09-04 14:59