遥かな距離を。

ダイターン3!
ポンカンです。

土星の衛星、(地球で言うところの月です)タイタンに。
欧米が協力して送った探査船カッシーニが着陸したそうです。

今回のこのタイタンが、人類が送り出した探査船が着陸した星では至上最も遠い星になるようです。

タイタンってのは、太陽系の中で唯一
大気を持つ衛星です。
青く輝くその不思議な星は、
まだ詳しく調査されたことがありませんでした。


c0012790_21385476.jpg

c0012790_21384193.jpg




鉛直方向の大気の成分や、
様々な高度からみた地表の画像。
大気圏突入時の風を切る音。
(地球以外で大気がある星の風の音。スゲェ素敵だ。)

さまざまなデータを、送ってきてくれました。

c0012790_213989.jpg


その結果、
もしかすると非常に地球に似てんじゃねぇの、ってことがわかったらしい。

具体的には、
海の存在と
液体の循環の可能性。

といっても、水じゃあございません。

マイナス180度という極寒の世界では、
水なんかはカチンコチン。
(沸点・融点は気圧なんかにもよるんだろうけど。)

液体なのは、
「メタン」でござます。

ドブ川からポコリ、ポコリと泡が浮かんでくるのを見たことがありませんか。
あれが、メタンです。
オナラの成分のひとつでもありますね。

そのメタンの海と、
大気にメタンが舞い雲になって雨が降るという循環、
この2つの存在の可能性が示された、って言うのが
今回の重要な発見だったようです。

生命も、いる可能性が!
なんて専門家もいるくらいで。
これからの研究が、楽しみです。

それにしても。
地球と土星の距離は35億キロ。



なんかさらっと流してしまいそうですが、これはすごい距離ですよ!?

寿命が異様に長く不眠不休でいけるタフな松雄芭蕉が歩いていくと(4KM/h)
875000000時間。36458333日。99885年。
ずいぶんとわびさびのキいた俳句が大量に作れそうですね。
もう飽きた もう星空は マジ飽きた
・・・芭蕉の嘆きが聞こえてきそうです。

寿命が異様に長く不眠不休で恐ろしくタフなモーリス・グリーンが、
100メートル走のペース(36KM/h)を35億キロほど維持し続けたとすると、
97222222時間。4050925日。11098年。
オリンピックが2774回終わってます。


新幹線500系のぞみ(300KM/h)だと11666666時間。486111日。1311年。
グリーン席じゃないとやってられません。
しかし、これで喫煙席が売り切れだったら
ぽんかんは気が狂うだろう(ぽんかん、実は結構なへヴィ・スモーカーなのです)。
東京から博多がおよそ1000キロでグリーンに乗るとほぼ3万円。
これを単純に350万倍してと・・・。
1050億円。お、うん、意外と安い。
銀河鉄道999の無期限パスは、もっとべらぼうな値段なんだろうなぁ。

ジェット旅客機(1000KM/h)だと    3500000時間。145833日。399年。
家康が「わしの天下じゃい!」と言い出した頃に出発してれば、そろそろ着く時期ですね。

コンコルド〔超音速旅客機〕(2000KM/h)で行っても200年。
なんとか、人類の限界レベルまで落ちてきた気がしないでもないでもないでもない。

ちなみに、今回のカッシーニは6、7年といったところ。
年速5億㌔、時速5万7千㌔。
いやいや、人類の英知の結晶だけあって、たいしたもんですな。

光速でも、11666秒、194分、三時間十四分。

物理学的にこれ以上ない速度で移動しても、
のぞみで岡山から東京にいける時間がかかる。

(これがどういうことをあらわしているかというと、
例えばタイタンに友人がいるとして、「もしもし?」「ハイハイ」
この会話だけで最速六時間半かかるってことです。)

こんなはるかな距離を越えて、
音や、画像や、データをやりとりしてる。

それだけで、
なんかすごいファンタスティックなことだと思いませんか。

計算、ちかれました・・・。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-01-27 21:37

バルス・・・

I am PONKAN.(錯乱気味)

「目が、目がぁ!」

とは、ラピュタの素敵悪役ムスカ先生の銘台詞。

やっちまいました。

「眼鏡、眼鏡が!」


ぽんかん所持の数ある眼鏡の中でも、
頭抜けて高価な一品。
(他の三つを合わせてもまだそれより高い価格)


風呂上り、(もちろん全裸)の質量80㌔㌘重のマイボディが。

踏み抜きました。

頑強さが売りのチタンフレームも、
80000㌘には耐えようがありません。

中越地震の新幹線レールのように、
ありえない歪みで不思議なカーブを描いてらっしゃいます。

....................ウオオオオオ.....orz

何にもする気が起きないッス・・・。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-01-27 19:14

浮世の夜は、浮世絵でも眺めて。(2)

ぽんかん食べてみました。薄皮の厚い甘みの強い、少し種のある蜜柑でした。ぽんかんです。

それでは、昨日に引き続き浮世絵な話で。

浮世絵には、大きく分けて三種類あると言っていいでしょう。

①昨日話題になった写楽の多くがあたる役者絵、美人画といった人物画

②北斎、広重の東海道五十三次なんかに代表される風景画

③ズバリ情事、春画。

③について、「ナンジャラホイ?」と思った方は多いはず。

語弊を恐れずに言えば、エロ絵です。

浮世絵は、貴族的な、ノーブルなものでなく。
江戸庶民の文化。
当然、そんな需要も多いわけで。

北斎、清長と行った一流の絵師たちの春画も数多く残されています。

描写について言わせてもらえば、エロティックを越えて今見ればコミカルですらある、性器の極端なデフォルメというか巨大にされた描かれ方が本当に色んな意味で凄ぇ。もちろん、モザイクどころかあの浮世絵タッチで息子さんも娘さんもそのものズバリがババーン!
扱う対象は性なのに、なんだかいやらしさというも「あぁ、コイツはおもしろいな」という興味を引かれる、不思議な魅力を(少なくとも僕は)感じてしまうのは事実デス。〔もっともこれは現代からみた穿った見方で、当時のお江戸でござるな人々から見たら、“うへぇ、コイツは辛抱たまらん!”なものだった、のかもね〕

その後、浮世絵文化が世界的な評価を受けて行くにつれ、春画については“いやぁ、無かったことに”的な扱いで、日陰者的な存在になっていきました。

今本屋で美術書をみても、人物画・風景画に対して春画についての本はなかなか見かけません。

しかし、現代の目から見れば。春画の美術性は再認識されても、いいんじゃないかなぁ。


うーん、でもこれって、今から百数十年後の未来人が現在のエロ同人誌やエロ漫画を見て「コイツは芸術だ!」と言ってるようなもんか。

それは、どうだろう。(笑)
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-01-26 02:27

浮世の夜は、浮世絵でも眺めて。(1)

c0012790_19421952.jpg
色んなコトを考えすぎて耳から煙がピーッ!頭から湯気がシューッ!お尻の岡山県産白桃(超高級、珠玉の一品)からは卵がポン!ひよこがピヨピヨ!
ぽんかんです。


今宵は、浮世絵などいかがでしょうか。
僕たちが浮世絵について何を知ってるかというと、意外となにも知らないですよね。

まあ、浮世絵の評価ってのは逆輸入的なとこありますから。ヨーロッパの印象派に多大なる影響を与えたコトはあまりにも有名です。


浮世絵といったらまず第一に思い浮かべる人が多いでしょう、
東洲斎写楽。

リアルで、それでいてコミカルで。画面から飛び出て来そうな役者絵。
写楽の真骨頂といったところですね。

ところがその写楽先生。
余りにも謎の多い人物なのです。

浮世絵師として活躍した期間はわずか10ヶ月。
それならばただ当時的には三流で誰からも評価されることもなく消えたのかな、で終わりですが。

版元、というか現在で言うとこの出版社。
いきなり超一流でデビュー、しかも各作品の刷り方はかなり金をかけてVIP待遇。
さらにおもしろいことには、それだけ鳴り物入りでデビューの写楽先生、セールス的には泣かず飛ばす。結果写楽先生は10ヶ月で忽然と消え、出版社は大赤字で傾いた。

現代に例えると、いきなりジャンプで無名の新人が斬新な漫画を描き十週連続巻頭カラーでデビュー、同時にアニメ化・映画化・ゲーム化、大々的にスタート、なのに読者アンケート最低、アニメ視聴率取れず、映画館は閑古鳥、10ヶ月で打ち切り・作者はその後行方不明、集英社は経営危機。といったところでしょうか。

「あまりにも真を描かんとして」‐役者絵って言うのは、今で言うとこのジャニーズのブロマイド。絵ですから、現実より美男美女に描くのが当時の常識でした。それを、リアルにリアルに、役者そのものを描こうとしたのが写楽でした。
当然、役者達からは美男美女に描かれるはずのブロマイドがありのままにかかれちゃあ反感を買ったでしょう。買い手の庶民も、美男美女を求めてるんですからなんじゃこりゃって反応だった。このへんが、当時写楽不人気の原因だったようです。

東洲斎写楽、何者だったのか。
未だに、様々な説が飛び交いこのミステリは解決してません。

話が冗長になりました。つづきはまた今度。
それでは、おやすみなさい(/.-)zzZ
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-01-25 01:21

ダービーに、出られた馬が勝つんだよ。

昨年末の有馬記念では4千円近くすったぽんかんです。

今日は、競馬の馬の名前の話を。

馬の名前といわれると、皆さんは何を思い浮かべますか?

古くはシンザンから、
トーカイテイオーや
オグリキャップ、
ナリタブライアンといった名馬たちの名前は誰もが耳にしたことがあるんじゃないでしょうか。
最近話題になった馬では、高知競馬のハルウララなんてのもありますね。

さて、時折おっ!と思う名前の馬に出会うことがあります。
そんな馬は活躍いかんにかかわらず印象に残ったりするものです。

クロフネ・・・その名の通り外国産馬でダート(競馬では走る地面が芝と砂地のダートの二種類があります)では圧倒的な強さを見せ、まさに「黒船来航!」といった馬でした。後続をちぎって独走を続けたジャパンカップダートは脳裏に焼きついて離れません。

ワナ・・・名前からすると穴馬(不人気な馬で、あんまり勝てそうになく勝ったときの払い戻し倍率が高い馬)で忘れたころにやってきそうな感じですが、実際は最初に2連勝した後泣かず飛ばず。そういう意味で罠かも。

ウォーニングムスメ・・・ウォーニングがお父さんの女馬だから。なんて安直な!

オジサンオジサン・・・(笑)

オバサンオバサン・・・こっちは知らなかった。(笑)

オレハマッテルゼ・・・何かの告白なんでしょうかね?ぽんかんはしらないけどカレガスキなんてのもいたそうです。

ナゾ・・・名前のわりに真面目に走る馬であまり大崩れしなかった。ある意味名前負け。

エガオヲミセテ・・・かなり強い馬でした。笑顔を見せて。いい名前ですね。

アッパレアッパレ・・・ダートで結構活躍した馬。最後のフェブラリーステークス(GⅠ)勝てば本当にあっぱれだったのにね。

最後に、今ぽんかんが最も注目する現役の馬を。
おばあちゃんの名はメロンパン、お母さんの名前はモットヒカリヲ。そしてワナの弟です。
馬主さんは何を考えてこの名前をつけたのか・・・。

イヤダイヤダ

この馬が不憫でならん。しかも結構活躍が期待されてる・・・。
がんばれ!イヤダイヤダ。

応援しがいがないorz
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-01-24 01:54

不器用ですから。

愛と平和と団結と!
こんばんはぽんかんです。

先日、ジャズバンドで学年ひとつ上のドラマー、Kと久々に会いました。
(K,って書くと何だか女を争った挙句下宿先の寝室で本懐を遂げられてしまいそうですね。
そういえば昨日ライブを見に行ったバンドの名前は“こころ”でした。)

話の詳しい内容は省略しますが、要は落ち込み気味のぽんかんに対して
風俗か素敵AVを薦めるものでして。

風俗!

ああ、甘く切ないこの響き。
きらびやかなネオンの先には、
素敵おねぇさんとのめくるめくフィーバーな夜が!
グラマラスな肢体のアワアワに包まれて、
僕は官能の世界へ堕ちていく・・・

しかし。しかしなぁ。こんなリスクもあるわけで。

ああ、苦く汚い不協和音。
ケバケバしいネオンの先には、
素敵おっかさん(自称35才)とのめくるめくブルースな夜が!
グラマラス過ぎる死体巨体のアワアワに包まれて、
僕は圧死、あの世へ堕ちて行く・・・

うーん。

目も覆うばかりの惨状だ。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-01-23 23:20

雨やまねぇなぁ

人生爆弾低気圧のぽんかんです。

solistは風邪を引かれたそうで。。。
体にはくれぐれも気をつけてくださいネ。

今日はジャズバンドのウッドベーシストな先輩のライブを見に行きました。
フラメンコ経験者のパーカッショニストが、クルクル回ってて凄かった。。

それにしても。

カキフライうまかった。。。
ありがとうS坊!
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-01-23 00:21

君がバイクで見る夢は

周りのみんながゾクゾクとブログを作るのに誰もが非公開なのが腹立たしいぽんかんです。みんなちゃんと公開しょーぜ?(怒)

今日は友人がバイク購入を検討しているとのことで一緒にバイク屋を巡りました。
昨日買ったサラ着のライダースを着て、CB400(の後部座席)にのって出かけます。

購入を検討しているKドゥ氏はマグナ250でもうほぼ決めたようです。
「いぃねぇ、マグナカッコィィー!え、これマジでスッゲェ欲しい。決まりやね?」
などと繰り返し呟いてました。
おもしろかったのがもう一人の付き合いで来ていたF氏(CB400の持ち主)。トランペットの欲しい黒人の子供になって、つぶらな瞳でCB1000をずーっと見ていたのが印象的でした。「マジいい音してますよ」

バイクは男たちの欲望を刺激して凄ぃ。

 ☆   ★   ☆ ★

春に、ポンカンファミリーで桜をバイクで見に行きたぃなぁ。みんな、自分のバイクに乗ってさ。花びら舞う春のワインディングを走りたい。


君が、バイクで見る夢は。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-01-21 20:53

再開致します

こんばんわ、バイクのクランク・ギアとエンジンはほぼ独立しててポン付けでそれぞれ変えられると酷い勘違いしてたポンカンです。「お前何言っとん」といわれちまいました・・・ぁぅぅ。ゴメン。俺が勉強不足やった。

バイクといえば、ずっと憧れてたキャンバス地のライダース買いました。これがメチャメチャカッコいー。ジャストサイズで着るから、風ちっとも通さないし、インナーが薄くても中は寒くない。ワンダフル☆

ま、あとはバイクを買うだけかな。(致命的)

ライブログにオススメ書籍and音楽載っけました。もしよかったら、チェックしてみてね。

頭抱えながら未来をどう生きるか思考中、敗残兵ポンカンでした。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-01-21 02:12

大学入試センター試験結果

だめだ。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-01-17 19:36

一時休業のお知らせ

愛読者各位様

いつも今日のぽんかんを御覧になって下さってありがたふございます。

さてこの度、止ん事無き事情によりぽんかんちょっとだけ一時休業させていただきます。

再開は来週中程の予定です。

今後とも変わらぬご贔屓を宜しく御願い致します。




・・・
センター試験、頑張るよ!
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-01-12 23:40

spring up, sunny water

おっそろしく寒いですね、ポンカンデス。

さて、今日は井上陽水の話を。

井上陽水、と聞いて思い浮かぶ曲。

少年時代。
夢の中へ。
ワインレッドの心。
傘がない。

・・・どれも名曲です。

が、

今回ぽんかんが一押しするのはいわゆる“名曲”ではありません。

陽水“少年時代”のイメージしかない人だと、ちょっとしたコペルニクス的転回があるかも。

My Houseという曲です。



My House

俺はキャッチコピーだ 俺はキャッシュサービス
どこもここも住み家らしいわ  数のことはめまぐるしいわ
これがヒットメロディー 君はチャンスメーカー
誰もかれも疑わしいわ 次の唄は生み苦しいわ
風はゆれにゆれて 庭は猫の額 My House

俺の悲しみは Ma maman....... 雪の白アリはわからんム

恋はマッシュポテトだ 恋は電子キャラメル
街の道に無知な人並 山羊の耳に森永製菓
誰がミックジャガーだ どこがチャイナタウンだ
海を越えたムラサキ電話 古いことは明治らしいわ
雨が降りに降れば 屋根がしぼむだけの My House

俺の悲しみは Ma maman....... 雪の白アリはわからんム

これがロックビジネス これがフォークセールス
俺の唄も疑わしいわ ヤイノヤイノうるさい事よ
コレがラストチャンスだ 俺はHit GINZAで
声をかけてみすぼらしいわ ナイフ パイプ セロハンテープ
熱が上がり下がり 窓がのびてちぢむ My House



・・・

意味わかりません!

・・・どうです?壊れちゃってるでしょう?

雪のシロアリはわからんム・・・

ナイフパイプセロハンテープ・・・

いやぁ、この人はやっぱり天才です。

ぜひ、聞いてみてください。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-01-11 05:38

ほうき星と昴

c0012790_6161925.jpg

PONKAN DESU.KONBANWA.

マックホルツ彗星、結構明るくなりましたね~。
昴の近くで3~4等星ほどの明るさで輝いているそうですよ。

天文ショーといえば、
数年前の獅子座流星群の大出現、一生に一度レベルの
凄い光景は脳裏に焼きついて離れませんが、
これから先、ポンカンが子供のころからずっと楽しみにしていたイベントがあります。

2009年、国内での皆既日食です。

昼間に太陽が消え、
真っ暗になった空に
コロナのカーテンが白く輝く。

観測できるポイントは屋久島~奄美大島の間、
いわゆる“トカラ列島”のある区域です。

南の島で、
太陽が消える瞬間を見る。

ぞくぞくしちゃいますね!
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-01-09 22:54

パパンと、小さな旅に出る。

c0012790_2361364.jpg
昨晩は徹夜でした、椪柑です。おはようございまふ(/.-)zzZ

場面は数日遡りまして。


松の内、正月番組がついてるだけの蜜柑の香漂うコタツ部屋。

ポンカン家の団欒でございます。


パパン「暇だな」

ポンカン「暇だねぇ」

パ「じゃ、何かするか?」

ポ「うーん・・・瀬戸内の海が見たいな」

パ「分かった、じゃ、行こう」


・ ・ ・ ・ ・ ・


、というわけで先日、何となくパパンと小さな旅に出ました。

パパンの白い車で青空の下、太陽を追っかけて西へと走ります。

ポ「これどこに向かってんの?」

パ「知らない」

・・・それでこそマイパパンです。

取りあえず倉敷の三菱自動車工場や川崎の製鉄所、製油所群を抜け、山際の海岸線を流すことに。

程なく、『これぞ瀬戸内!』な素敵風景が広がりました。


夕日が差す黄色い海面にポカり、ポカりと浮かぶ島。

トントン音を立て、大きな大漁旗が誇らしげな小さな漁船。

遠くに四国は讃岐山脈が地平線となって空に繋がってる。


太平洋の雄大さや、

日本海の豪快さも素晴らしく、マーベラスだけど。

瀬戸内育ちのポンカンにとっての海は。
やっぱり、穏やかで優しい、この海です。

最後に、ちょっとした島の小さな山にパパンと登りました。
写真は、そのてっぺんからのです。

画面の手前には、
息を切らして笑ってる
僕たちがいます。


いい、正月でした。
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-01-06 20:36

Earthquakeだっけ?(うろ覚え)


正月、鉄則通り5㌔㌘体重が増えたぽんかんです・・・
このままじゃぽんかんじゃなく『文旦』に!


スマトラ沖地震の津波被害、凄まじく甚大なようですね。
M9.0...戦慄する数字です。

地球の地軸が2cm程動いたかもしれないそうで。


ぅぉぉぉ(身震)


地軸。


動いたのか・・・。

改めて、地震というものの怖さを感じますね。



ところで、地震対策は「国際的に見て」ばっちりな筈の日本。


島根の原子力発電所は活断層の真上にあるんだよなぁ。


それも。


建ててから、調査してたらさ。



『あ。活断層。』




うーん(苦笑)

もうちょっと、考えて建てようぜ☆
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-01-05 16:57

HAPPY HAPPY,GRAND&BRAND NEW YEAR!

2005年、凄ェわくわくする一年になるといいよね!

アケマシテオメデトウゴザイマス!
[PR]
# by ponkansherbet | 2005-01-01 01:09

実家

どこを見ても桜島のプリンシルエットが見えないことにやや不安を感じてしまうぱぴぷぺぽんかんです。どーも。

やっぱり本土は薩摩に比べると寒いです。

c0012790_2095162.jpg

[PR]
# by ponkansherbet | 2004-12-28 11:31

深夜のテンションで決めたのかなぁ

c0012790_22542623.jpg
ポン・カンです。

多分ノリで決めたんだろうなあ。


リカが選んだ大学です。

岡山理科大学


凄ェセンスだ(笑)。
[PR]
# by ponkansherbet | 2004-12-25 21:40

只今帰省中!

九州新幹線から乗り継いだリレーツバメで酔ったポンカンです。オェ、気持ち悪・・・
最終ののぞみで、岡山へと帰ります。鹿児島→岡山、およそ1000㌔の行程です。
さっき、博多駅前のヨドバシに行く途中。
ちょっとヤン系ファッションの、可愛いおねーさんがずーっとこっちの顔を覗きこんでるではないですか。
「あ、風俗かなんかの呼び込みだな」と思ってシカト決め込んで通り過ぎようとしたんですが。

「スイマセン、美容室×○なんですが、カットモデルやって頂けないですか?無料でやらして頂きますので」

ふむ!無料!それは最高に魅力的!
だがカットモデルなんかやってたら乗らなきゃいけないのぞみがいないいないBARしちゃうし、何よりポンカン今ボーズを1ヶ月伸ばしただけのベリーショートもいいとこなのに、あんた一体どこを切る気デスカ!それこそポンカン色にされて幾何学的模様なラインを入れられかねん!これでも来春センター試験を受けなきゃならない身ですから!

というわけで「ごめんなさい」と立ち去りました。惜しいことしたかなぁ・・
[PR]
# by ponkansherbet | 2004-12-24 21:19

I will BONOBO tonight!

c0012790_2312425.jpg
今まで忘年会的な飲み会でした。みんな、ベリー・メリー・クリスマス、いい年をね!

う~ん、呑んだあと高台の家まで帰るのはしんどい。

どーも、ぽんかんでございます。

独りものの俺にも、サンタは幸せくれまして。
先日、鹿児島は南港の埋め立て地、倉庫街にある古本屋で。

それはそれは心揺さぶられる、本と出会う事ができました。
といっても、心暖まる素敵絵本とか、鋭い切り口の小説。といったものではございません。

学術書です。

Bonobo(ボノボ)。

「ピグミーチンパンジー(小さなチンパンジー)」ともよばれる(このネーミングは最近では不適当とされています)この類人猿、他の類人猿、ゴリ、チンパン、オランウータンに比べての知名度が異様に低い。

というのも、ピグミーチンパンジーの名からも分かるとおり、チンパンの亜種だと長い間思われていて、発見・・というか「こいつら、チンパンと別物じゃね?」と認識されたのがとても遅く、研究が他に比べてぜんぜん進んでないのです。

こいつら。

実に、実に面白く、特殊な社会を作っています。


「Make love,Not War!(戦争やめて、セックスしよーぜ!)」という六、七十年代のヒッピー達のスローガン。

このスローガンを地で行く、
「暴力」でトラブルを解決するのではなく、
「セックス」(交尾という表記じゃねーのか、と言われそうですが原本の表記そのままで。そしてボノボの性的接触は、成熟した異性同士に限らずメス同士、オス同士、性的に未熟な個体でもおこる)で緊張を緩和し、問題を解決しようとする、
争いを好まない実にユニークな社会を作っています。


ちょっと面白い例を。

チンパンは、新しいボスが入ってくると群れのメス達が育てている子を殺す子殺しをすることがあります。これは、子供がいなくなるとまたすぐにメスが発情し、ひいては自分の子孫を残していくことに繋がります。

一方ボノボ。子殺しは観察されたことがありません。どころか、オスが集団でメスに手をあげることはありません。(逆はある。)

なぜか。

性行動が活発なボノボの群れの中で、誰の子供かなんて分かるはずありませんから!


また、心臓の悪い、施設に不慣れなオスボノボに対し、手を取って、導いていったのは第一位のオスだった。オス同士が争う相手でなく手を取り合う!実におもしろい。(ただしオス達が有効な同盟を組めたわけでなくガッチリメスに支配されていた)

豊かなバリエーションを持つ性的行動。

他者への思いやりと争いへの嫌悪。

肉体的には弱いのに地位が強いメスとなぜか力に訴えないオス。

ボノボ、興味深くありません?

フロイト読むより、自分達の事分かるかもね。
[PR]
# by ponkansherbet | 2004-12-24 12:46

今日はバイクで夢をみる(2)

ミカンの季節です、ぽんかんです。

昨日翡翠(かわせみ)を見ました。鮮やかな色の体と美しく長い嘴。格好イィぜ!

閑話Q題。

昨日から引き続きバイクの話どす。

先月、やっと免許取得資格欠格期間が終わり、晴れて免許が取れる身になり申した。

バイク所望したく存じます!

50ccなら、RZ50やDREAM50、旧車ならロードパルも欲しいしミニトレにも乗りたい。

125ccなら、1も2もなく国産スクーターの元祖富士重工ラビットS301。

250なら、エストレヤ好印象。あ、でもクラブマンも捨てがたいし、FTRやTWといったトラッカーもやぶさかでないねぇ。

400なら、バルカンをクラシックにカスタムして遊びたい。SRの潔さも魅力的だよね。

排気量無制限なら、999Sとか、1300Rハヤブサといったスーパースポーツには一度乗ってみたいよなあ。

まぁ、まずは免許とんないとね・・・。

それにしても。


綺麗なバイクの持つ美しさと、翡翠の美しさは似てる。

シャープな、機能美。

どっちも、僕の憧れ。
[PR]
# by ponkansherbet | 2004-12-22 06:19

今日はバイクで夢を見る。(1)

おはようございます、ポンカンです。

今日は男の子の永遠のアコガレ。

バイクの話でございます。


どれぐらいポンカンがバイクを愛しているかと申しますと。

それは昨年の冬のこと。
ライセンス未交付にもかかわらず(人はそれを無免許という)
友人が8千円で譲ってくれたYAMAHA“YB-1”を。
Boon Boonと乗り回し。
その結果。
パンダカラーがお茶目な国家権力に、
10万円を進呈するほど。
(おみやげにピンクが可愛い裁判所&検察庁ツアー参加チケット、またの名を赤切符を頂きました。5年間の前科付というデラックスな構成。さすが、10万円。)
愛しています(した)。


・・・本当にごめんなさい。もうしません。許してつかぁさい。


そして何故かこの赤切符授与に前後して、
バイクや車なんか全く興味のなかった、
友人たちが。

免許取得資格欠格中のポンカンを。

嘲るように。

続々免許GET&バイク購入に踏み切ります。

ポンカンにはとっても仲のいい(ホントか?)、
ここでは仮にポンカンファミリーとしましょう、
ジャズバンドの6人の友人たちがいます。

赤切符授与の時点で、
免許を持っていたのは僅かに1人。
四輪免許で、通学にLet'sⅡというスクーターを所持しているだけに過ぎませんでした。
・・・過ぎなかったはずなのです。

現在。
!僕を除いた全員が四輪免許所持、数人中型二輪免許取得中!
みんなすごく楽しそうにエンジン・ライフを楽しまれております。
真っ赤なタンクとハンドル末端のミラーがイカスHonda Soloを新車で買われたり。
JAZZっていう小排気量アメリカンを手に入れたにもかかわらずJAZZバンドを辞めて中免取りにいってたり。
YAMAHA YB-1の新しいモデルで坂の町の空を流してみたり。

みんな、あんまりじゃね?

極め付きには
♪PASSO プチプチプチトヨタ~

それ車じゃないっスか!

「エヘ、買っちゃった!」

ぅぉぅぅぅぅ...(号泣)

・・・次回へ続きます。
[PR]
# by ponkansherbet | 2004-12-21 11:20

小学校図書館 永遠のスタンダード

風邪引きました。
鼻水と咽のガラガラな風邪です。
誰もいない部屋で一人 コンコン、クシュン。


ところで。


「ズッコケ三人組」シリーズっていう児童文学をご存知ですか?シリーズ総計二千万部を超える児童文学の金字塔です。

さっき何気にニュースサイトをチェックしてたら、
「ズッコケ三人組、ついに卒業」
なる記事を見かけまして。
五十巻目となる次の新刊(ぽんかん最後に読んだのが小学校のころ、もう十年も前ですからまだ続いてたことにビックリです)で、遂に三人が卒業式を迎え完結する、とのこと。

男の人には、読んだことがある!って奴多いんじゃないかなあ。
ぽんかんもメチャメチャ好きでした。

スポーツ抜群、勉強からっきしなチビでちょっとエッチな三人組のリーダー、ハチベエ。

心優しい太っちょで、女の子に人気者のモーちゃん。

本が大好きで、何でも知ってるのにテストは点が取れない博識少年ハカセ。

この三人がありとあらゆる「ワクワク」な冒険をするシリーズなんです。

江戸時代にタイムスリップして平賀源内と暮らしてみたり。

防空壕の中に迷い込んでおっかなびっくり探検したり。

無人島に流されてサバイバルしたり。

登山中登山道をロストして遭難しつつも三人で力を合わして生還したり。


男の子にはもうタマンナイ、ワクワク、ドキドキが詰まったシリーズでした。

完結、卒業。
記事読んでるうちに遥か遠くなった小学生だった頃の事を思い出して、ちょっと切なくなってみたりしました。


また読んでみようかな・・・

うん、

大人になった、今だからこそ、もう一度読みたい。
[PR]
# by ponkansherbet | 2004-12-20 12:42

アンパンマンはいない

カビルンルンな部屋からこんにちはぽんかんっす。

洗濯物ってね。


カビますよ。


お気に入りのTシャツに、星空のようなポツポツがそれはそれは綺麗にカビルンルン。

助けて、アンパンマン!
[PR]
# by ponkansherbet | 2004-12-19 13:16

写真撮ろーぜ!

c0012790_4383449.jpg

深夜起きてるとNHK高校講座って何となく見ません?
あ、見ませんかそうですか。
ラテラルサイトレーナーを見ているぽんかんです。

さて、クリスマスも近くなりまもなく正月、いやあ年の瀬ですネ。

写真の季節です!

ほら、昔この季節は富士フィルムのコマーシャル多かったじゃないですか。

「♪お正月を映そ」
の名キャッチコピー。若い方はご存知ないかなぁ(遠い目)。

まあこの時期ワクワクするような被写体に出会うことが多いですよね!

イルミネーションの街を行く綺麗にドレスアップしたお姉さんとか。
繁華街で見かけるミニスカサンタとか。
初詣で見かける巫女さんとか。
振り袖キュートなストリートガールとか。


写真の季節ですね!

実はぽんかん写真、カメラ大好きでして。
そんな僕の“本妻”なカメラが写真のYashicaflex C(ヤシカフレックス)、二眼レフです。
レトロで可愛い奴でしょ!?

詳しい使い方やコイツで撮った写真はまた次回に譲るとして・・

とにかくこのコ、お金がかかります!

まずフイルム。
普通のフイルムではありません。
ぽんかんが使ってるのはベルビアってやつですが十二枚撮りで六百円くらい。普通の二十七枚使い捨てカメラ買えます。
現像代。コイツが洒落になりません。
いわゆる同時プリント的に現像すると二千円以上かかります!(たった十二枚ですよ!)あんまりだ!

色々と値段相応のステキなコトもあるんですけどね・・

まあ、ヤッパ可愛いコってのはお金かかるもんですよ!可愛いけりゃいいじゃん☆
[PR]
# by ponkansherbet | 2004-12-18 04:38

音は本能

今宵もお付き合い下さいましてありがたふございます、ぽんかんです。

今日は、音楽な話を一席伺おうかと。

高校の同窓掲示板に「最近どんな音楽聞いてる?」と書き込みネタを投下したところ、
1日で二十件近い反応がありまして
(それまで十日間で一件も書き込みのなかった、過疎掲示板です)。


Jポップを始めとして、
六十年代フォークデュオ(パセリやセージなあの人たちです)、
アシッドジャズ、
果てはアニソンやバッハまで。

同じ時を過ごした連中が多様な音楽に染まって生活してることに、変な感動を覚えたりしました。

実はぽんかん自身も一年ほどジャズ・ビッグバンドに在籍していました。

そこで思ったのは、音作りはセックスによく似てるってことです。

一緒に演るプレイヤーの音を
聞いて、
感じ、
表情を読み、
背筋を快感が走っていくそれはそれは心地良い
「ここだ!」
という瞬間のための、
「気持ちいいとこ探し」
を共にやっていく。

どうです?何か似てると思いませんか?

しかも音楽は、二歳の子供でも、音を感じて体を動かす快感を感じることができる。

なんて素敵!


まあぽんかんはセックスしたことないですけどね)テヘ
[PR]
# by ponkansherbet | 2004-12-17 04:08

RUN!

ついにやってくれたぜ!

「走る」ロボットの登場です。


もちろんやってくれたのは、
我らがHonda、ASIMO君。

3Km/hと人が歩く速度より遅いですが、
ジョギングをしてるスタイルにそっくり。

So CUTE!

もちろん“走る”というからには
両足が地面から離れている瞬間があるわけでして。
地面を蹴り込むという動作を延々と繰り返し検証したそうだ。

スゲェよ、HONDA!

“パトレイバー”みたいなロボット、生きてるうちに見れるかもしれませんね。
[PR]
# by ponkansherbet | 2004-12-16 01:36

エマージェンシー

こんにちはぽんかんです。
今年の漢字は「災」だそうで。
確かに地震に台風と、気象庁大忙しの年でしたね。
「わざわい」は、突然予期しないタイミングで襲ってくるから怖いんです。
ぽんかんも今日酷い目にあいまして・・・


それは心地地よ~く惰眠をむさぼっていた今朝午前六時に起きました。



zzz....



zzz.....



「腹イテェ!!」


突然来襲した猛烈で大型の腹痛28号に、靴も履かずはだしでトイレへ駆け込む俺。
(ぽんかんの家はトイレが外なのです。)

・・・

・・・

!!下腹部のあまりの痛さに便器に座れません!!


流れ落ちる脂汗。
全身の血の気がものすごい勢いで自由落下。
呼吸が荒れ、内臓はまるでドゥカティのエンジンのようにゴリゴリ暴れて。

「きゅ、救急車を呼ばなきゃ・・・」
とは思っても、身動きひとつ取れない。
本当に苦しい時って何一つ動けない人間のもろさ!


その後数分で嵐は去りましたが、復興作業もとい後始末が大変でした。
病院、行こうかなぁ・・・

みんな、おなかは大事にね☆(涙目)
[PR]
# by ponkansherbet | 2004-12-14 22:27

というわけで、

c0012790_22233769.jpg

ブログをオープンさせることになりました。
なにとぞ温かい目で見守ってやってくださいませませ☆
[PR]
# by ponkansherbet | 2004-12-13 22:23