猫になりたい。

c0012790_2223240.jpg

寒いサムイさむい寒い!

ぽんかんです。

今晩は、
昨年暮れ、クリスマスイブイブに旅立たれた、
ジャズ・ジャイアンツオブジャイアンツ、
オスカーピーターソンに哀悼の意を込めて。

スウェーデンの四人組(p,b,dr,g)、In the spirit of OSCARの最新アルバム、

Easy dose itをご紹介。

ロシアンブルーなネコが
女性の脚、黒ストッキングをひっ掻けているというなかなかセクシーなジャケットが印象的なこのアルバム。

グループ名にも現れているようにオスカーのスピリット、レガシィを受け継いでいこうとするサウンドにあふれてます。

彼の持ち味だった、前衛的でエッジのキいた難しいジャズとは対極の、“ほっとする、暖かいジャズ”のエッセンス詰まっていて、割とハッピーなアルバムです。


ケリーズ・ブルースや、スシといったオスカーが好んで取り上げたナンバーは勿論、
ピアノのシェルがハモンド奏者なこともあってザ・キャットを含むジミースミスあたりの曲も軽快に聞くことができます。

なかなか、いいアルバムでした。


……秋吉敏子を来日時に見いだして推薦したのも、
小曽根真が敬愛するといってはばからないのも、
オスカーピーターソンです。

時に、
軽いジャズとみられるオスカーですが、

僕は、大好きです。

割と企画ものの安いCDとかになっていることも多い(そしてその時期のヴアーブでの録音は音がとてもいいっすよ)ので、
よかったらプリーズリクエストや ソウル・エスパニョールあたりから聞いてみて下さい。

きっと、
あったかいジャズに、出会えると思います。
[PR]
by ponkansherbet | 2008-01-31 22:02
<< デカくて優しいアイツの映画。 さよなら文明。 >>